MENU

【実体験で解説】コーヒーが嫌いでもカフェバイトはできる? 面接の注意点は?

2020 6/01
【実体験で解説】コーヒーが嫌いでもカフェバイトはできる? 面接の注意点は?
ハムスターのアイコン画像ハムスター

カフェでバイトしてみたいんだけど、実はコーヒーが飲めなくてあまり好きじゃないんだよね…。こんな自分でも働けるのかなぁ?

こんな疑問にお答えします!

やまもものアイコン画像やまもも

この記事を書いている私は、いくつかのカフェや喫茶店で働いたことがあります!

いろいろなタイプのアルバイトさんも見てきましたので、実体験から、コーヒーが苦手な人がカフェバイトをするときのポイントや注意点などを紹介しますね!

おしゃれなカフェは、若い人に人気があるアルバイトのひとつですよね。

高校生や大学生などの学生さんや、フリーター、主婦などまで、いろんな人が働いています。

それに、シックでレトロさが魅力の喫茶店でのバイトも、カフェとはまた違う楽しさがあります。

そんなカフェや喫茶店の最も代表的なメニューといえば、やはりコーヒー。

「コーヒー好きな人でないとバイトもできないんじゃない?」と不安になる人もいるかもしれません。

ですが、結論からいうと、カフェバイトをするのにコーヒー好きかどうかは「ほぼ」関係ありません

「ほぼ」と書いた理由は後ほど詳しく説明しますが、働きたい気持ちさえあれば、カフェでバイトできるケースは多くありますので安心してください。

というわけで、今回はコーヒーが苦手な人がカフェバイトで楽しく働けるのかどうかや、バイトに応募するときの注意点を紹介してみたいと思います。

もくじ

カフェは好きでもコーヒーが苦手な人は意外と多い

カフェを好きな理由は人それぞれ

みなさんは、どんなときにカフェに行きますか?

広々とした空間の中で本を読んだり、集中して勉強やPC作業をしたり、あるいは友達や恋人とおしゃべりしたり…と、いろいろなシーンが出てくると思います。

もちろん、なかには「ここの絶品コーヒーをどうしても飲みたい!」という理由でカフェに行く人もいますが、それ以外の理由でカフェを好んでいる人も大勢います。

むしろ、お店によっては単純にコーヒーを飲む目的でカフェに行く人のほうが少ないかもしれません。

完全なるコーヒー専門店でもない限りは、紅茶やジュース類、スイーツ、軽食など、いろいろなメニューがありますしね。

こんな風に、カフェを好きな理由は人それぞれ違って、決してコーヒー目的で利用するお客さんばかりではありませんので、「カフェ=コーヒー」と強く考えなくても大丈夫です。

コーヒーが飲めないアルバイトスタッフもいる

実際、私がこれまでカフェや喫茶店でアルバイトをしたときには、「実はコーヒー苦手なんだ…」と話すスタッフを何人も見てきました

店長や社員さんの場合、やはりコーヒーが好きでカフェや喫茶店に就職しているケースが多いように感じられましたが、アルバイトであれば必ずしもそういうわけではありません。

「家や学校が近い」「とにかくカフェの雰囲気が好き」「簡単な調理を覚えたい」「ユニフォームがおしゃれ」など、いろいろな理由でカフェバイトをしている人がいました。

ちなみに、勤務日はまかないとして無料でドリンクを飲ませてくれるお店もありましたが、コーヒーが飲めないバイトの子は、それ以外のドリンクを作って飲んでいましたよ!

コーヒーを飲まないことに対して何かうるさく言われている姿を見たこともないので、基本的に心配はいらないと思います。

コーヒーが苦手な人がカフェバイトの面接を受けるときの注意点3つ

その①:嘘はついちゃダメ。でも、前向きな姿勢をアピールしよう

カフェバイトの面接で必ず聞かれることのひとつが志望動機です。

そのとき、コーヒー好きな人であれば「コーヒーが好きで…うんぬん…」という理由を入れ込むことが多いですが、苦手なのにそんなことを言う必要はありません!

もし直接的に「コーヒーはよく飲みますか? 好きですか?」などと聞かれたときも、嘘はつかないようにしましょう

コーヒーが飲めることを採用条件にしているカフェは基本あり得ませんので、そこにこだわる必要はありません。

大切なのは、コーヒーが飲めなくてもカフェで働きたいという姿勢や、仕事に対して前向きであることをしっかりと伝えることです。

その②:コーヒー以外でカフェの好きなところを見つけよう

カフェや喫茶店は、お店ごとにいろいろな特徴があります。

誰もが気軽に来れるカフェ、スイーツが手作りでおいしいカフェ、広々としてインテリアにこだわっているカフェ、店員さんがいつも笑顔で感じがいいカフェなど、必ず「いいな」と思えるところがあると思います。

面接では、自分なりに応募するカフェの魅力や好きなところを考えて、それを言葉で伝えることが大事です。

マニュアル通りではなく、本心からの「このカフェのここが好き!」という思いを面接官に伝える気持ちで臨みましょう。

そのためには、できれば面接を受ける前に志望先のお店を1回以上利用しておくことをおすすめします。

お客さん目線でいいところを探したり、もし自分が働くとなったらどういった点にワクワクできそうかを考えておくのが望ましいです。

その③:コーヒーが苦手でも商品やメニューはしっかり覚えることが大事

無事に面接に通って、いざ働き始めてから気をつけてほしいことがあります。

それは、たとえコーヒーが好きじゃなくても、商品やメニューのことはきちんと覚えましょう!ということです。

人間、好きでないものに対してはなかなか興味もわきませんが、そこは仕事だと割り切ってしっかり理解する努力が必要です。

それに、働いているとお客さんから「このコーヒーはどんな味?」みたいに質問されることも結構あるので、覚えておかないと自分が苦労します

お店によっては、リアルに味を覚えていくために、研修中に味見程度はしなくてはならないこともあります。

飲むと体調不良になるとか、どうしても受け付けないということでなければ、それくらいは受け入れられるとベターです。

まとめ:コーヒーが飲めなくてもカフェで働けます!

結論、コーヒーが飲めないからといって、カフェでバイトすることをあきらめる必要はありません!

カフェの楽しみ方はコーヒー以外にもたくさんありますので、自分がなぜそのお店で働きたいのかを深く考えて、それを面接で伝えるようにすればOKです。

そして働き始めたら、自分が好きでなくても、お店のメニューのことはしっかりと覚えるように心がけましょう!

みなさんのカフェバイトが楽しくなるよう祈ってます!

もくじ
閉じる